恋に結婚にと焦るアラサーが様々な出会いを求めて活動する婚活ブログ。活動日記の他に出会いに関してのコラムなども掲載中。

出会い全般

デート中のエスカレーターは女性の前後どっちに立つべき?

投稿日:

どうも。最近ペアーズで出来た彼女とデートでショッピングモールに行くことの多いクロです。

 

関連記事|【出会い日記】彼女が出来ました

 

ショッピングモールや大型の施設に行くとエスカレーターに乗る機会も多いはず。

恋人が出来たことでこれまで一人寂しく乗っていたエスカレーターが、彼女と仲良く乗れる素敵な乗り物へと変わりました。ありがとうございます。

 

そんな素敵なエスカレーターだけど、デートの時に女性の前に立つべきか後ろに立つべきか、悩んでる人も意外と多いんじゃないかな?かくいう私も昔はそうでした。

ということで今回はデート中のエスカレーターでの男性の立ち位置について筆者なりの考えをまとめてみようと思う。

 

スポンサードリンク


 

上りは女性の後ろ、下りは女性の前に乗る

と、いきなり結論になってしまうが、私としては”上りのときは女性の後ろ、下りのときは女性の前に乗る”ことをオススメしたい。

それには主に二つの理由がある。

 

下半身の覗き見をガード出来る

一つ目の理由は”スカート等からの下半身の覗き見をガードできる”ということ。

 

スカートやショートパンツは女性ならではのファッションだ。より女性らしさを感じることが出来るし、自分の好きな人がそんな服を着ていたら更に魅力的に見えるだろう。

でもこれらの天敵と言えるのが階段やエスカレーターだ。正確にはそれらの下で覗き見をしようとしている他の男性なわけだけど・・・。

 

中にはあえて他の男性に見せることで興奮するような露出が趣味なカップルもいるだろうが、筆者としては自分の好きな女性の下半身(といっても下着だけど)が他の男達に見られたらとても気分が悪い。

よって、この覗き見を防ぐために、私は上りのエスカレーターではいつも彼女の真後ろに立って下半身をガードしている。

 

女性に安心感を与えられる

二つ目は、”女性に安心感を与えられる”ということだ。

 

上りのときは女性の後ろに立ち、下りのときは前に立つ。これはつまり、常に女性より低い位置にいることになる。

女性より低い位置にいることで、万が一女性がバランスを崩して落下しそうになった場合に支えてあげるという”安心感”を与えることができるのだ。

もちろん、実際にバランスを崩してしまった場合は恐らくドミノ式に崩れて支えることは非常に困難だと思うが、そういう思いやりの気持ちを伝えることに意味がある。

 

 

主にこれらの理由から、筆者はデート中にエスカレーターに乗ることになった場合、必ず上りは女性の後ろ、下りは女性の前に立つようにしている。

 

スポンサードリンク


 

もうひと工夫で更に印象アップ

上記の理由からデート中のエスカレーターでの立ち位置を決めているわけだが、ここでもうひと工夫すると更に良い印象があがるポイントがあるので紹介しよう。

 

上りのときは自分の腕を女性の隣へ置く

まず上りのときのポイント。

上りのときは女性の後ろに立つわけだが、このときは自分の腕を女性に回すように、女性の隣のアームレスト(?)に手を置くようにしている。

こうして包み込むようにすることで”ちゃんとそばにいて守られている”という感覚を女性に与えられるのだ。

 

下りのときは横向きになり女性と会話する

下りのときは自分は横向きに立ち、女性と会話出来る状態を作っている。

別に会話をするかしないかは重要ではなく、大事なのはお互いの表情を確認できるということだ。

表情が見れることで”1人じゃなく一緒にデートに来ている”と再認識させることが出来る。寂しく思わせないようにすることがポイントだ。

 

スポンサードリンク


 

女性によっては全く逆のパターンもあるので注意

と、ここまでエスカレーターでの立ち位置は上りは女性の後ろ、下りは女性の前がおすすめと説明してきた。

しかし、これらはあくまで筆者が実践・おすすめしているだけであって、100%正しい方法ではないので注意して欲しい。

人によっては全く逆のパターンが良いという人や、上り下り両方とも男性には前に立って欲しいという人もいる。

これは別にエスカレーターの立ち位置に限った話ではないが、人によって性格や好みが違うのでその変はその相手のことを良く知った上でどちらが良いか判断してもらいたい。

 

ただし、筆者が今まで出会ってきたた女性にはこれらは比較的好評なようで、食事中などに「エスカレーターでの行動が嬉しかった」と言ってくれる女性もいたほどだ。

デート中のエスカレーターでの立ち位置に悩んでいる人は是非参考にしてみて欲しいと思う。







-出会い全般
-, , , , ,

Copyright© 出会いを探せ!焦るアラサーの婚活ブログ , 2017 All Rights Reserved.