恋に結婚にと焦るアラサーが様々な出会いを求めて活動する婚活ブログ。婚活日記の他にアプリ、街コン、結婚相談所など、出会い全般に関してのコラムなども掲載中。

出会い全般

アプリで知り合った相手にLINEは教えるべき?交換の危険性や対策について

投稿日:

マッチングアプリや婚活サイトなど、ネットで知り合った相手と実際に出会う為には早めにLINE交換をしたくなるもの。

でもこのとき、プライベートな情報が詰まったLINEを気軽に教えても良いのだろうか?

今回はネットで知り合った相手にLINEを教えるべきなのか、そして教える場合の危険性や対策についてまとめてみたいと思う。

 

LINEを教えることによる危険性について

まずLINEを教えることによって起こりうる危険性について考えてみよう。

 

名前や顔がバレる

まずぱっと思いつくのがこれだ。

LINEでは多くの人が本名だったり顔写真を公開したりしている。

まぁマッチングアプリでも載せている人はいるが、アプリだと一部を隠したりしていてもLINEだとリアルな友達が多いため、そのまま公開している人が圧倒的に多い。

そしてLINEの仕様上、例え嫌な相手をブロックしたとしても、その相手からは写真や名前を確認することができる。

正直この仕様は早く直して欲しいところだが、現在はどうしようもないので、できるだけ写真をそのまま載せたり本名(特にフルネーム)での設定は辞めておいたほうが無難だ。

 

ホームを公開している場合は見られる

LINEではデフォルトの設定でホーム画面(タイムライン)が全体に公開されるようになっている。

写真や名前だけならまだしも、タイムラインにはその人がいつどこで何をしたのかといったことが日記形式で投稿されていたり、場合によっては周りの友達や家族まで一緒に写っていることもある。

その為、ホームを公開することは個人情報を不特定多数の人に見せているということだと頭に入れておいて欲しい。

あまり良く知らない相手にプライベートな情報を流さないためにも、必ず許可した人にだけ見せる設定に変えておこう。

 

写真などが悪用される可能性がある

先程書いたように、LINEでは現在の仕様上ブロックしたとしても写真や名前といった情報は確認することが出来てしまう。

これにより、最悪の場合写真などが悪用される可能性がある。

確率としては低いが、悪用されると他のアプリや出会い系サイトなどで本人になりすまして登録されることがある。

出会い系のサービスに登場する業者は、写真は可愛いが中身は男のことが多い。

これは他人の画像を悪用しているからで、これと同じ被害に合わないためにも本人がはっきりわかる写真は使わないほうが無難だ。

 

悪質サイトへの勧誘やスパムが来る

最後はスパムが届いたり、悪質なサイトやアプリに勧誘される可能性があるということ。

可能性と書いたが、これは相手が業者だった場合に一番起こりうることだ。

結局業者の目的というのが相手の直接の連絡先(ようはLINEなど)を聞き出し、そちら側(つまりマッチングアプリなどの規制が届かない範囲)で他の悪質なアプリやサイトへ誘導することだからだ。

そのため、もし相手が業者であればほぼ確実に起こることだと思って良い。

こういった内容は届いたらすぐにブロックしてしまえば良いのだが、前述したようにブロックしたあとでも写真や個人情報が悪用され、二次被害がでる恐れがあるので注意しておこう。

 

LINEを教える場合は相手を見極めよう

このように気軽にLINEを教えると最悪の場合写真を悪用されたりといったことが起こる可能性がある。

よって、もし交換する場合は対策として相手を見極めた上で決めたい。

 

一般の人で変わった人もいるが、やはり一番教えたくないのは業者である。

実際に業者かどうかというのは交換後の行動を見なければ断言はできないが、それでも怪しい動きをしている人は避けたいところ。

特に以下のような特徴があるユーザーは注意したい。

  • やたら美男・美女なプロフ画像を使っている人
  • やたらいいねが多い人
  • すぐに遊べそうな文章を書いている人(特に女性ユーザー)
  • プロフィールに”お金”や”自由”といった単語が記載されている人
  • あまりローカルな話題が記載されていない人
  • 話の内容が噛み合わない、返事が極端に遅い人
  • すぐにLINE交換をしたがる人(特に女性ユーザー)

筆者なら上記のような人とはLINE交換は行わず、アプリ内のメッセージのみでやり取りするようにしている。

より詳しくは以下の記事でもまとめているので、合わせてチェックしてみて欲しい。

【pairs攻略】ペアーズによくいる業者の手口と見分け方のコツ

 

LINEのサブアカウントを作るのもアリ

もう一つ、安全にLINE交換をするための対策として教えたいのが、サブアカウントの利用だ。

以下はFacebookの記事だが、同様の方法でLINEもサブアカウントが作成可能となっている。(ただしもう1台端末が必要)

マッチングアプリをメインのFacebookと連動せずに利用する裏ワザ

サブアカウントであれば万が一スパムが届いたりしてもすぐ使い捨てできるし、大切な友達を登録しているわけでもないのでラフに扱うことができる。

本アカウントは教えたくないけれどLINEでやり取りしたいという人は是非試してみて欲しい。

ただその場合は当然だが、本アカウントと同じような顔写真や個人情報を載せることはやめておこう。

 

会うまではLINE交換しないのが一番安全

ということで今回はマッチングアプリで知り合った相手にLINEを教えるべきなのか、そして教える場合の危険性やその対策について書いてみた。

実際明らかな業者でない限りは悪用されると行ったことは極稀ではあるが、中には一部ストーカー気質な人だったり、悪質な人物がいるということも確か。

被害にあわないためにも、今回紹介した対策を行ったり、また普段からできるだけ個人情報は載せずホームの公開も制限しておくといったことが大切だ。

特に女性の場合、サブアカウントを作るのも良いが無理にLINE交換をせず、会うまではアプリ内のトークにてやり取りするのも良いだろう。

そして実際に会ってみて、良い人だな、また連絡を取りたいなと思ったのであれば、そのときに交換すれば全く問題ない。

マッチングアプリも含めネットを利用した様々なサービスが登場している昨今だが、ネットの先の相手はどんな人かわからないということを常に頭に入れた上で利用して欲しいと思う。

 




-出会い全般
-, , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 出会いを探せ!焦るアラサーの婚活ブログ , 2018 All Rights Reserved.