恋に結婚にと焦るアラサーが様々な出会いを求めて活動する婚活ブログ。婚活日記の他にアプリ、街コン、結婚相談所など、出会い全般に関してのコラムなども掲載中。

出会い全般

恋人と趣味が合わないと感じた時に選択する3つのこと

更新日:

好きになった人と付き合えるというのはとても嬉しいこと。

でもその後一緒に過ごしていると、どうしても相手の趣味が気になってしまう場合がある。

趣味や好みの違いはその後の結婚生活にも影響するので、非常に重要な問題だ。

そこで今回は、彼氏・彼女趣味が合わないと感じた時に選択する3つのことについて書いてみよう。

 

自分も相手の趣味を好きになるよう努力する

1つ目は自分も相手の趣味を好きになるように努力するということ。

その相手の趣味が生理的に受け入れられない場合や過去になにかトラウマなどがあって抵抗があるという場合を除き、一度自分でも経験してみるということは良いことだ。

実際にやってみるとこれまで触れていなかっただけでその趣味が好きになる場合もある。

もし好きになることができればこれまで気になっていた点が相手との共通の趣味に変わり、逆により関係が良くなるはずだ。

 

スポンサードリンク



 

趣味が合わないことを受け入れて付き合う

趣味が合わないことを受け入れて付き合うのも選択肢の一つ。恐らく多くの人が選択するのがこちらになるだろう。

自分に合わない趣味を同じように好きになることはなかなか難しいので、もっとも選びやすいのがこの方法となる。

この場合、相手が趣味に没頭している時間は出来るだけ関わらずそっとしておくのがオススメだ。

ただし一緒に過ごしているとどうしても気になってしまうという場面が出てくるだろう。そんな時嫌いなものを我慢して受け入続けるというのはかなりストレスが溜まってしまう。

そのせいで関係が悪化したり体調や精神に不調が出てくる場合もあるので、もし趣味が合わないことを受け入れて付き合っていくのであればどこかで上手くストレスを発散し、溜め込みすぎないようにしていきたい。

誰かに相談したり愚痴を聞いてもらうだけでもかなり楽になるだろう。

 

スポンサードリンク



 

別れて趣味が合う新しい恋人を探す

これはあまり選択して欲しくないが、上の二つの方法がどうしても選べないとき、最終手段として選んで欲しい。

もし相手の趣味を受け入れることがどうしても出来なかった場合は、別れて”同じ趣味を持つ相手”を新しく探すのが良いだろう。

共通の趣味や好みを持つ相手であれば一緒にいてストレスを感じることは少ないし、逆に趣味を遠慮せず思う存分楽しむことが出来るからだ。

特に結婚してからは簡単に別れたりといったことが出来なくなるので重要である。

 

とはいってもゆっくり話でもしてみないかぎり、その人がどんな人なのかはなかなかわからないもの。

そんなときにオススメしたいのがマッチングアプリ・婚活アプリだ。

マッチングアプリとは?出会い系サイトと何が違うのか

 

婚活アプリではユーザー検索のときに条件指定として同じ趣味のコミュニティに入っている人など探すことが出来る。

特にwithの場合だとメンタリストDaiGoがプロデュースする性格診断を元に、相性の良い相手は無料で良いねが出来たりするのでわかりやすい。

with(ウィズ)ってどんなアプリ?特徴は?サクラはいる?

このようにマッチングアプリでは自分の趣味や性格に合った人を見つけやすいので、共通の趣味や好みを持つ恋人が欲しいという人にはオススメだ。

もし普段の出会いでなかなか趣味が合う人を見つけられないと悩んでいるのであれば、一度マッチングアプリを試してみて欲しい。

スポンサードリンク



 

一番良いのは初めから趣味の合う人と付き合うということ

恋人と趣味が合わないと感じた時に選択することは以上の3つとなる。

付き合っているとどうしても相手の趣味や性格が受け入れられないという場面も出てくるだろう。

そうしたときは最悪辛い選択になるかもしれないが、今回紹介した方法を実践してみて欲しい。

一番良いのはそういった問題が起こらないように、初めから趣味の合う人と付き合うことだ。

なかなか趣味の合う人と付き合うことは難しいと感じるだろうが、そのときは先ほど紹介したようなマッチングアプリや婚活サイトを是非活用してみて欲しい。

ネットでの出会いは初めからプロフィールの情報として趣味などを設定できる為、合コンやお見合いなどで探すよりも遥かに見つけやすいはずだ。

趣味が合う恋人が欲しい!趣味が同じ異性と出会う為の3つの方法

 




-出会い全般
-, , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 出会いを探せ!焦るアラサーの婚活ブログ , 2018 All Rights Reserved.