恋に結婚にと焦るアラサーが様々な出会いを求めて活動する婚活ブログ。婚活日記の他にアプリ、街コン、結婚相談所など、出会い全般に関してのコラムなども掲載中。

出会い日記

大人数の街コンはメリットよりデメリットが多い!おすすめは中規模

大人数が参加する街コンについて、まだ参加したことがない人はどのような印象をもっているだろうか。

おそらく多くの人は出会いがたくさんありそうで魅力的と感じているかもしれない。

だが、実際に参加してみるとかなり人数が多いことによる欠点が多数あることがわかる。

今回はそんな大規模・大人数の街コンのメリットやデメリットと、どのくらいの人数の街コンが理想なのか考えてみたいと思う。

大人数の街コンのメリット

まずは大規模な街コンのメリットについて。

たくさんの人に出会える

やはり大人数の街コンの最大の魅力はたくさんの人と出会えるという点だろう。むしろそれ以外はおまけみたいなものだ。

一度の街コンでたくさんの人と出会えればそれだけ次に繋がるチャンスがあるので、とにかくガッツリ出会いを探している人にとっては非常に大きなメリットとなるだろう。

雰囲気的にも連絡先をすぐに交換しやすいし、恋活になるかはわからないがナンパしたい人・されたい人にとっては格好の場かもしれない。

好みのタイプに会える可能性があがる

参加人数が多いということは分母が多いということなので、単純に好みの人が見つかる可能性はあがる。

一人だけじゃなく、複数見つかることもざらだ。

なので人数が少なめの街コンに参加していてなかなかタイプの人に出会えないという人は、大規模な街コンに参加することでその悩みは解消されるかもしれない。

イベントが盛り上がる

大規模なイベントの場合はとにかく人が多く終始ガヤガヤしているので、イベントが盛り上がる。

自然とテンションも上がり、話もしやすくなる。(その変わり周りがうるさいので声量が必要になるが)

雰囲気的には街コンというよりクラブやお祭りみたいな感じになるので、そういった感じが好きな人であればより楽しめるのではないだろうか。

 

大人数の街コンのデメリット

続いてはデメリットについて。

人が多すぎて一人ひとりの印象が薄くなる

人が多いことが大規模な街コンの最大のメリットではあるものの、これは逆にデメリットにもなる諸刃の剣だ。

たくさんの人と話ができて知り合えるが一人ひとりの印象が薄くなってしまいがちで、結局あとから誰が誰だからわからないという状況になってしまう。

実際に筆者もこういったイベントに参加したところLINEの登録人数がぐっと増えたが、そのほとんどは顔も名前も覚えてないという人ばかりである。

連絡先が交換しやすいのはいいものの、これではせっかく連絡先を交換した意味がなくなってしまうだろう。

しかも後半は疲れてきてやり取りが適当になってしまい、イベントが楽しめなくなってしまうことも。

席が固定されていない半立食の場合、ライバルが多い

大人数かつ半立食形式の場合、たくさんの参加者が自由に動いているため、ライバルが非常に多くなってしまう印象だ。

いいなと思った相手はだいたい他の人にも狙われている為、いざ声をかけようと思っても先を越されてなかなか話しかけれないというパターンが出てくる。

そのまま空くまで粘ってみてもいいが、その間も時間は過ぎていくしそれで終わってしまうとせっかくの大人数イベントも無駄になってしまうだろう。

かといって可愛いい・かっこいい人で空いている人はほぼおらず、だいたい話し相手がいないのはかなり根暗な人か服装や外見に問題がある人だけなので、かなり辛い。

席替えなどがあるわけでもないので、気に入った相手と話をするまでかなり無駄な時間を過ごしてしまう可能性があるのである。

そしてたとえ気に入った人と話ができたと思っても、あまり悠長に話している暇はない。

というのも、参加人数が多くたくさんの人と知り合えるのに対して開催時間は一般的な街コンと変わらないからだ。

しかも開催時間のほぼすべての時間がいわゆるフリータイムとなっているので、席替えといった運営が加入する要素がなく、とにかく自分で動かなければいけない。

そのため、うまく考えながら行動しないとせっかくの大人数イベントなのに一人、二人だけとしか会話できずに終わってしまうこともある。

これでは普通の街コンよりも出会える人数が少なくなってしまい、本末転倒と言えるだろう。

会場が狭い

最近はどのイベントも経費を削減するために、狭い店舗や会場を使われることが多いように感じる。

まだあまり人数が多すぎない街コンであればよいのだが、参加人数に対して明らかにキャパオーバーしているようなイベント会場だと最悪だ。

まるでライブ会場かと言わんばかりに小さなハコにぎゅうぎゅう詰めにされ、移動は大変だし靴は踏まれるし最悪衣服に飲み物がかかる場合もある。

※ちなみに筆者は愛用の本革バッグにビールをぶちまけられた経験がある。(泣)

こうなるとイベントどころじゃないので、ある程度余裕のあるスペースであればよいが狭い場所で行われる場合は注意したい。

トイレが激混み

大人数の街コンの場合はとにかく参加人数が多いので、会場の規模にもよるが前述したようにイベント中の移動がかなり厳しい。

そして移動もさることながら、トイレがとにかく混む。とにかく混む。(大事なので2回)

街コンに限らずフェスなど大規模なイベントに参加したことがある人ならわかるだろうが、トイレに長い列ができてなかなか進まず、その間無駄な時間を過ごしてしまうことがあろうだろう。

大規模な街コンでも同じで、トイレを待っている間に時間はどんどん進み、話そうと思っていた人が空いてもまだトイレの列に並んでいて、その間に他の人に取られることにもなりかねない。

男女共用のトイレだった場合は更に最悪だ。

食べ物がしょぼい

大人数の場合は居酒屋よりもイベントスペースを借りて行うことが多いため、必然と料理がオードブルになりがち。

飲み物も缶チューハイやペットボトル飲料を紙コップに注いで飲む形が多いので、全体的にものすごく安っぽい。

まぁお酒と料理はおまけみたいなものなので気にしない人は良いのだが、特に女性の場合はこういったものも楽しみに参加している人も多いと思うので、たとえイベントページに「ビュッフェ」や「バイキング」といった記載があったとしても、期待して参加するとがっかりするかもしれない。

また量も参加人数に対して十分とは言えず、めぼしい料理は異性と話ができずに食べる方にシフトした人たちが爆食いしてしまうので、ほぼ食べれないと思ったほうが良い。

ちなみに筆者が参加したときは開始早々、肉・魚関係の料理は消えてしまっていた。

 

実際に参加してみてどう思ったか

筆者も実際に何度かこういった大人数のイベントに参加したことがあるが、結論を言う。

 

大規模なイベントはおすすめしない。

 

前述したようなメリットはあるものの、残念だがデメリットのほうが強い印象だった。

特に立食や半立食と言ったタイプの場合は席が明確に決まっていないので、気に入った人と二人だけで話していても割り込まれるし、飲み物を取りに行ったりトイレに行ったりというちょっとした間に相手が移動していたり他の人と話をしているということも普通にある。

なので個人的には普通に席が固定されていて一定の時間ごとに席替えをする一般的な形式の街コンをおすすめしたい。

もちろん人によって向き不向きはあるし、たくさんの人と短時間にとっかえひっかえ話ができるメリットはあるので、クラブやナンパが好きな人はこういった大規模なイベントに参加してみるのも良いだろう。

ただしよほどがっつける性格じゃなければなかなか厳しいので、ナンパが苦手な人や他人の会話中に割り込んでいける勇気がない人は一般的な着席形式の街コンを選ぶようにしよう。

 

おすすめは男女各15~20人ほどの中規模街コン

大規模な街コンはたくさんの参加者がいるという魅力があるものの、実際に参加してみるとデメリットのほうが多いとお伝えした。

では人数の規模としてはどれくらいの街コンに参加するのがおすすめなのか?

個人的には男女各15人~20人、合計30人~40人となる中規模の街コンがおすすめだ。

このくらいの人数だと居酒屋やバーなどで行われる一般的な形式の街コンとしては最大レベルの人数で、移動も各テーブルやグループごとに回っていくので一人ひとりと話す時間も十分に取れる。

それでいて知り合える人が多すぎないので疲れないし、気に入った人へ印象も残しやすい。

大規模な街コンに参加しようか迷っている人は少しハードルを下げて中規模の街コンへ参加することをおすすめする。

明確に参加人数が公表されていない街コンも多いが、まともな運営であれば問い合わせで簡単に教えてくれるので、人数がわからない場合は一度電話やメールを送って見てほしい。

 

まとめ

ということで今回は参加人数の多い大規模な街コンについて、メリットやデメリットから実際に参加してみてどうだったのか解説してみた。

改めて記事をまとめると以下のような感じだ。

  • 沢山の人に会える
  • 好みのタイプに出会える可能性が上がる
  • イベントが盛り上がる
  • 人が多すぎて一人ひとりの印象が薄くなる
  • 席が固定されていない半立食形式だとライバルが多い
  • 会場が狭い
  • トイレが激混み
  • 食べ物がしょぼい
  • 実際に参加してみた感想は「おすすめしない」
  • おすすめは男女各15~20人の中規模街コン

参加人数が多い街コンは、実際に参加するまでは「こんなにたくさん参加者がいるなんて!めっちゃ出会えるやん!素敵!!」と思っていたが、実際に参加してみると理想とはほど遠く、むしろデメリットのほうが目立つ結果となってしまった。

確かに人数は多いというのはメリットになるが、同時に多数のデメリットを生むことにもなるので、もし参加を検討しているのであれば今回紹介したような点が自分にとって問題ないかどうか、事前によく考えた上で決めるようにして欲しい。

とりあえず筆者はこれからも中規模の普通な街コン+マッチングアプリをメインに婚活を続けていきたいと思う。

関連記事
今年利用するべき街コンのおすすめサイト、教えます【2019】

合コンに参加したい!お酒を飲みながら異性と出会いたい!大勢でワイワイ騒ぎたい! そんな時に利用してほしいのが街コンだ。街コンはお酒や食事を楽しみながら複数の異性との出会いを楽しめるイベントである。 今 ...

続きを見る

関連記事
【2019】注目のおすすめマッチングアプリまとめ【男女兼用】

あっという間に2018年が終わり新たな年が始まったけれど、今年も恋活・婚活をするならやっぱりマッチングアプリがオススメ。 何と言っても飲み会一回分の料金でたくさんの女性と気軽に出会うことが出来るコスパ ...

続きを見る







-出会い日記
-, , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 出会いを探せ!焦るアラサーの婚活ブログ , 2019 All Rights Reserved.