恋に結婚にと焦るアラサーが様々な出会いを求めて活動する婚活ブログ。婚活日記の他にアプリ、街コン、結婚相談所など、出会い全般に関してのコラムなども掲載中。

街コン・婚活パーティー

【体験談】PARTY☆PARTYの感想|初参加でカップリング成功!

投稿日:

先日、PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)が主催する婚活パーティーへ参加してきた。

普段は街コンとマッチングアプリをメインで利用している筆者だが、婚活パーティーも昔は何度か参加したことがあり、久しぶりに参加してみようと思ったのがきっかけだ。

以前参加した婚活パーティーは街コンジャパン経由で参加した地方のイベント会社のものだったが、久しぶりにみてみたらその会社は街コンジャパンから撤退したようで、イベントが掲載されていなかった。

そこで変わりの婚活パーティーをどこにしようか考えていたところ、以前から興味のあったPARTY☆PARTYの存在を思い出し、申し込んだという感じである。

ということで今回はそんなPARTY☆PARTYの婚活パーティーに実際参加してみてわかった内容や感想についてまとめていきたいと思う。

ちなみに記事のタイトルにもなっているのでいきなり結果を言ってしまうが、今回見事カップル成立となった。

今回参加したイベントの内容

今回参加したのは仙台で開催された以下のイベントだ。

大人数パーティーとあるように、最大20:20のイベントとのことだった。

ちなみに開催するエリアによって変わってくると思うが、PARTY☆PARTYの仙台のイベントは、現在の規模だと通常は8:8もしくは12:12のものが主流となっている。

しかし今回のイベントのように、平日限定ではあるものの最大40人まで参加できる大人数パーティーというものを月に1、2回ほど行っているようだった。

そこでコスパ重視(笑)なら筆者としてはこれしかないと思い応募することにした。

 

ちなみにPARTY☆PARTYのイベントは一般的な街コンではなく、あくまで婚活パーティーという部類のもの。

まぁ実際はパーティーと言うよりはお見合いに近いのだが、結婚も視野に入れたイベントの為、上記の画像を見てもらえればわかるが、わりと厳しく条件が設定されている。

イベントによっては年収が600万以上のようなハイステータス限定のものもあるので、イベントに参加する前にちゃんと条件を満たしているか確認しておこう。

 

なお、PARTY☆PARTY自体がどんなものなのかについては以下の記事でまとめているので、今回はあくまで参加したパーティーに関してまとめていく。

 

カップリング成功!イベント体験レポート

ということで実際に参加したときの体験談についてまとめていこう。

参加して感じた注意点や、良い部分と悪い部分についても掲載しているので、参考にしてみて欲しい。

 

イベント当日

イベント当日、開始時間の15分前から受付、そして10分前には揃っているようにとのことだったので、遅刻しないよう早めに会場へ向かう。

今回の会場は商業施設からオフィスまで揃った大型ビルの17回。会場に入ると清潔感のあるスタッフが受付で待っていた。

ここで身分証による本人確認を行ったあと、スタッフの指示でイベントブースへと移動。

前述したように本人確認がきちんと行われる為、身分証がない場合はイベントに参加できない。

よって参加する場合は必ず免許証や健康保険証などの持参を忘れないように注意したい。

 

イベントブースは仕切りで区切られた個室となっていて、各部屋に男女1:1で着席する形だ。

席につくと自分の番号が書かれた名札と、参加する異性全員のプロフィール情報が書かれたリスト、相手の印象を書くメモ、そしてアドレスやLINE IDを書いて自由に渡せる連絡先カードが置いてあった。

イベントにもよるのだろうが、筆者が今回参加したものはPARTY☆PARTY主催の中では人数が多いもので、後述するが一人ひとり会話できる時間が非常に短い。

よってその救済措置がこの連絡先カードというわけだろう。

とりあえず連絡先カードは好きなように使ってもらって良いとのことだったので、ある程度多めに書いて持っておくことにした。

 

筆者が席についたときは同じ部屋の女性はまだ来ていなかったのだが、連絡先カードに必死に記入していると途中で合流。

そして直後にスタッフからイベントの説明が始まった。気がつけば開始時間を5分ほど過ぎていた。

 

イベント開始

まずスタッフより今回の参加者は男16:女14で、手元にある資料に異性全員分の情報が掲載されていると伝えられた。

イベント会場に来る前に確認した段階では15:15だったので、男性が一人増えて女性が急遽キャンセルになってしまったのだろうか?

まぁ掲載されていた参加人数に大きな違いが無いのであまり気にはならなかった。とりあえず某企業の婚活パーティーと同じ状況にならなくて安心した。(笑)

 

参加人数が伝えられた後、イベントの流れについて説明が始まった。

イベントは各個室ブースでそれぞれ男女1:1ずつ3分間のトークタイムが与えられる。

そして3分毎に男性陣が時計回りに席を移動していき、全ての席を回り終わったら軽くもう1週、そしてその後に気になった異性の番号を記入してカップリング集計に入るという形だった。

一人3分だけというのは非常に短いのだが、以前参加した婚活パーティーもこんな感じの流れだったので、まぁ30人前後の参加者で集計まで含めた上で2時間程度で終わらせるには仕方ないのかもしれない。

とりあえずイベントページにもきちんと記載があり納得した上で参加しているので特に問題なし。

 

と、説明が終わったところで時間もおしているため、早速イベントがスタート。

この記事はあくまでイベント自体の内容について触れていきたいので、参加者一人一人の印象はここでは省略しておく。

どんな感じの人がいたのか気になる人は以下の日記を合わせてチェックして欲しい。

 

参加者全員と一通り会話が終わったところで、アピールタイムということでもう1週することになった。

1週だけでは時間が非常に短く相手のことをよく知る前に終わってしまうので、個人的に婚活パーティーでのこの2週目はかなり重要だと思っている。

が、今回参加したイベント、この2周めで相手と会話時間はなんと5秒と伝えられた。ギャグかと思ってしまった。

5秒では正直席を立ってブースを移動するだけで終わってしまう時間である。ここはもう少しどうにかならなかったのだろうか・・・ファーストクラスパーティーの悪夢が蘇る。

仕方ないので指示に従うも、やはり実際に相手のブースに入って顔を合わせた段階で、既に後の人が待っていて煽られる状態となってしまった。

中にはもう順番を無視して気になった相手に連絡先カードを渡しまくるという猛者も。かなり慣れているのか、この時間はこういう使い方をするのかと感心してしまった(笑)

とりあえずこの2周目の5秒間に関しては個人的にマイナス評価である。

 

あっという間の2周めが終了するとスタッフが登場し、参加者それぞれに気になる相手を5人まで書けるカードが渡される。

このカードに1位~5位まで気になっている順に相手の番号と名前を記載。そしてスタッフが回収し集計に行くという感じだ。

とりあえずちょうど5人気になっている相手がいた筆者は、それぞれどういう女性だったか必死に思い出しながら記入を行った。

どんな相手なのか思い出せないともったいないので、わかりやすい特徴などを必ず何かしらメモしておくのが大切と感じた。

ちなみにもし気になる相手がいなかった場合は無理に書かなくても大丈夫だと思われる。

 

イベント終了、カップリング成功!

気になる相手を書いたカードがスタッフに回収され、集計タイムに入った。

ちなみに筆者はこの間、渡しそびれていた連絡先カードをここぞとばかりに配りまくっていた。(笑)

しばらくしてスタッフ登場。集計にかかった時間はおよそ10分ほどと思いの外早めに終わったので、やっぱり2周めの5秒タイムをもう少し長くしても良かったのではないかと思う。

 

とりあえず集計が完了したところでイベントが終了となり、まずは男性から退室、その後時間をあけて女性陣が退室という流れとなった。

会場を後にする際に受付で自分の番号の書かれた二つ折りのカードを受け取る。

集計した結果カップリングしていた場合、この二つ折りのカードの中に自分と相手の番号が書かれているというわけだ。

カップリングした場合はそれぞれ1回のロビーで改めて合流するとのこと。

 

で、結果は見事マッチング。指示通りに一階のロビーに向かい、相手を待つ。

待ちながらカップリングせずに帰っていく人達を見ると、申し訳ないが若干優越感を感じてしまった。

 

が、このとき少しだけ事件が発生

以前参加した別な婚活パーティーではカップリングした人達は別室に移動し、そこでスタッフから改めて「男性●番、女性●番の方、カップルおめでとうございます!」という形で発表され、そこから連絡先交換という流れだった。

他に婚活パーティーを知らなかった筆者は今回も同じような形だと思い、広いロビーをうろちょろしながら相手の女性とスタッフを待っていたのだが・・・来ない。

待てども待てども来ず、同じくカップリングしたであろう他の参加者が戸惑う姿もみられた。

ちなみにこのとき筆者の相手となるカップリングした女性は既にビルの入口(外)に出て待機していたらしいのだが、スタッフを探すのに必死になっていて見落としてしまっていたようだ。

そうとも知らずひたすら待つものの全然来ないので、仕方なく同じように戸惑っている参加者と一緒に再度イベント会場へ向かうと、既に部屋のドアはしまっていてイベントが完全に終了した感じになっていた。

 

困惑しつつとりあえずドアをノック。すると中からスタッフの女性が出てきたので、経緯を説明。

ここで初めてカップリングの発表などは行わないということを理解するのであった。

イベント自体は結果のカードを渡した時点で終了で、その後はカップリングした人同士がそれぞれロビーで合流、その後の連絡先交換や行動は全て自由だったのである。

 

クロ@管理人
まじか・・・最後は結構雑だなぁ・・・

 

そう思ったのだが、その後のスタッフの対応は非常に良かった。

スタッフの女性は勘違いしていた筆者ともう一人に対して深々と謝罪した後、カップリングした相手の番号を確認し、合流できるように呼び出してくれたのである。

そこで初めて、相手の女性が外で待っててくれていたと知ったのだった。(勝手に帰ったと勘違いしてごめんなさい)

ちなみに一緒にきた参加者の相手は、連絡が取れない状況のようだった・・・。

 

実際に参加してみての感想

ということで、少々トラブルはあったものの、以上が筆者が実際にPARTY☆PARTYの婚活パーティーに参加してみての体験談となる。

街コンと違い婚活パーティーはこれまで別の一社にしか参加したことがなかった為、比較できる範囲が狭いのだが、そこと比べての感想を最後にまとめておきたいと思う。

 

まず個人的に気になった部分について。

基本的なトークタイムが3分というのはイベントページにも記載されていたし何の問題もない(少ないけど)が、やはり2周めの各5秒というのは気になった。

やっぱり5秒ではどう考えても無理というか、本当に顔だけ見てすぐ次の席に向かう感じなので、正直やる意味が無いように感じた。

そしてもう一つは終了後のカップル発表タイムのようなものがなかったこと。

やはりカップリングした人は一旦別室に集めてスタッフの指示の下ちゃんと連絡先を交換する流れにしたほうが良いように思う。

筆者の場合はなんとか大丈夫だったが、終了後一緒にイベント会場に戻った人はせっかくカップリングした相手と連絡が取れなくなってしまっていたし。

ただ、どうやらこの流れは今回のような大人数パーティーというのも関係している模様。

というのも、イベント中に話をした女性の中に、以前もPARTY☆PARTYの婚活パーティーに参加したことがあるという人を発見。

そこで話を聞いていたら、以前はもっと人数が少なかったものの、iPadを使った投票&カップリングシステムがあり、スムーズに連絡先の交換などが出来たとのこと。

なのでこれらの気になるポイントは大人数パーティーであるがゆえのデメリットであったと言えるだろう。

 

逆に良かったと思う点はいろいろあって、まずはなんと言っても効率・コスパの良さだ。

筆者が出会いのサービスを利用する上で一番気にしているポイントがここである。

今回のイベントだと、同社の他の婚活パーティーよりも倍以上の人数で開催される為、たくさんの異性と知り合うことができるようになっている。それでいて金額は他のパーティーと同じ4900円だ。

ちなみに最近の街コンだと人数が多いもので今回のような男女各15人前後で、料理や飲み放題が付くものの7000円前後が主流となっている。

そう考えると出会いだけを考えた場合かなりコスパが高いことがわかるだろう。

(まぁマッチングアプリとは比べ物にならないんだけどね)

 

またスタッフの対応の良さも気に入っている。

イベント中だけではなく、終了後に問い合わせに向かったときの対応も親身で非常に良かったと思う。

どこかのイベントのように連絡先が取れなくなることもなく、気持ちのよい対応をしてもらうことができた。

 

そして個人的に一番良かったのが、やはりなんといってもカップリングというシステムだ。

街コンや相席屋では話をしながら連絡先を交換する流れの繰り返しのため、連絡先は増えるものの相手が自分のことをどう思っているのか、付き合える可能性があるのかなかなかどうかわかりにくい。

また気軽に連絡先が交換できる分、相手とやり取りできてもそこまで嬉しくはならない。いや嬉しいんだけどね。

しかし今回のイベントのようにカップリングのシステムが導入されていると、カップリングした相手はこちらのことを気になってくれているわけなので、その後の関係が発展しやすい。

そして視覚的に自分のことが好きということがわかるというのは、やはりニヤニヤしてしまうくくらい嬉しいものである。

筆者の場合、結果にドキドキ・ワクワクしながらゆっくりカードをあけ、中に自分と相手の番号が書いてあったときは思わず「よっしゃ!!」と叫びそうになってしまったくらいだ(笑)

感覚的に試験や面接の合格通知と似ているかもしれない。

また連絡先も上記でカップリングした相手としか基本的には交換できない(今回は交換カードが配られたが)為、連絡先交換の価値が高く、交換できたときは街コンよりも圧倒的に嬉しく感じた

 

このように多少のデメリットやトラブルはあったものの、個人的には参加してとてもよかったと思えるイベントとなった。

やはり街コンに比べると参加条件は厳しくなっているし、参加者は結婚を意識している人が多いということもあり若干敷居は高くなってしまう。

しかし飲食がないぶん価格は抑えられるし(ペットボトルの水は支給されたが)、参加者が多いイベントを見つけられればかなりコスパよく利用することができる。そして極めつけはカップリングシステム。

街コンや相席屋で連絡先は交換できているものの、なかなかその次の段階に発展しないという人。

そういった人には是非一度、婚活パーティーによるカップリングを楽しんでみてほしいと思う。







-街コン・婚活パーティー
-, , , , , , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 出会いを探せ!焦るアラサーの婚活ブログ , 2018 All Rights Reserved.