恋に結婚にと焦るアラサーが様々な出会いを求めて活動する婚活ブログ。婚活日記の他にアプリ、街コン、結婚相談所など、出会い全般に関してのコラムなども掲載中。

出会いコラム

【体験談】街コンで実際に遭遇したことのある業者や要注意人物について

突然だが筆者はこれまでマッチングアプリや街コンを通じ、多数の女性と知り合ってきた。

最近はあまり参加できていないが、特に街コンに関しては全盛期から多いときには月に5回~8回は利用していた為、正確な数はわからないもののおそらく100回近くは参加しているはずだ。

それだけ参加すれば当然良い出会いもあるし悪い出会いもあるわけだが、中にはカウントしたくないような「出会いを求めていない人」、いわゆる業者のような人物に遭遇したこともある。

そこで今回は筆者が実際に街コンで遭遇したことのある業者や要注意人物について紹介してみたいと思う。

関連記事
出会い系サイトやマッチングアプリにいる業者の目的とその特徴

マッチングアプリや出会い系アプリ・出会い系サイトを利用する上で避けて通れないのがいわゆる業者の存在。 これらのサービスはどちらかというとガチな婚活よりも気軽に始められる恋活を目的としている為、カジュア ...

続きを見る

街コンによくいる業者の例

街コンに参加していてよく見かける業者には以下のようなものがある。

なお今回わかりやすくするために「街コンによくいる業者」として紹介するが、実際にはサクラを除き業者ではなく個人で活動している場合がほとんどだ。

 

ねずみ講・マルチの勧誘

まず個人的に一番多いと感じているのがねずみ講やマルチといった、いわゆるネットワークビジネスへの勧誘を目的としている人物。

これは多い上に一見普通の参加者に見えてしまうので、非常に厄介である。

彼ら・彼女らの手口としては最初のコンタクトは基本的に一般の参加者と同じよう、自己紹介や何気ない話題で盛り上がり、連絡先を交換する。

そしてその後個人的に連絡をとり、食事やお茶など向こうから誘われる。

誘われたこちら側としては相手の第一印象が悪くなければ断る理由もないため合うことになるのだが、そうして引っ掛けた相手をマルチに勧誘するというのが基本的な流れだ。

 

筆者が実際に体験したパターンはこう。

街コンの後日誘われた食事に参加してみると、始めこそ相手の容姿を褒めたりと言った恋愛に繋がりそうな話をしていたが、話を続けているうちにうまく仕事や副業、お金、海外旅行といった話題に持っていかれ、そこからそれらに不自由の無い生活をしている知り合いが近くにいるから会ってみないか、という流れになった。

まぁ仕事や旅行の話をしているうちはまだいいが、いきなり全く知らない人物に会わせられるわけなので違和感が凄い。

なので普通なら引っかからない・・・と思うかもしれないが、ここで実際にその知り合いを踏まえて話をすると2:1で猛烈にネットワークビジネスをPR&プッシュされるため、断るのが苦手な人だと押しに負けて入会してしまう可能性が高いのである。

そもそも彼らは言葉巧みに相手を誘導するマニュアルにそって会話しているので、下手に断ってもそういった返事に対する正論のようなカウンターを持っている為、結果負けてしまう人が多いというわけだ。

筆者の場合はどういった行動をとってくるのか非常に興味があったのでマルチと知りつつ参加してみたが、もし貴方が街コンで知り合った女性から別な相手を紹介された場合、普通に考えておかしいので合わないほうが懸命だ。

もしも街コンのイベント中に相手がやたら仕事や金銭、自由といったワードで食いついてきた場合は注意してほしい。

 

ちなみにマルチのサービスを猛プッシュ&PRされたときに私がどうやって断ったかというと、

「今の生活に全く不満が無いし、これを言うと失礼かもしれないけど貴方達よりだいぶ稼いでいる自身がある」

という感じ。嘘かホントかは別として(笑)、はっきりと・ずばっと言ってやった。

上手い人であればその後更に言いくるめて来たかもしれないが、筆者の相手になった業者は「まぁ・・・不満が無いならしょうがないですね・・・」とあっさり引き下がってしまった。

おそらくこの感じだと何を言っても断られるから時間の無駄だと思ったのかもしれない。

 

宗教的なサークルやセミナーへの勧誘

少し怖い話だが、宗教的なサークルやセミナーへの勧誘にも遭遇したことがある。

前述したマルチやネットワークビジネスへの勧誘と同じように、知り合ったあとに食事などに誘われてそこからサークルやセミナーへの勧誘へと発展していく形だ。

ただ、初めの食事ですぐに勧誘されたマルチと違い、こちらは多少手が込んでいたように感じた。

 

筆者の実体験としてはこう。

まず街コンで知り合ったあとに食事に誘われ、その日は特に変わったことはなく楽しく過ごした。

その後も何度か食事に行くことになり、その中である日に「今度仲の良い人たちを集めてパーティーするんだけど来ない?」呼ばれ参加することに。

そこでは若い男女が10名ほど集まっていて、ホームパーティーのように手作りの料理などが並んでいた。

気になったのは開催場所である。

そのパーティーの開催場所は、夜景の見えるタワーマンションの一室だったのだ。

部屋のことをその子に聞くと、「知り合いにAさんっていう凄い人がいて、ここはその人が借りてる部屋。今回私達のパーティーのために無料で貸してくれたんだ」との事。

そのパーティーを境に、それから頻繁にイベントに呼ばれるようになる。

そしてそれらのイベントで使われている施設や部屋は毎回すべてAさんと呼ばれる人物が用意しているとの事だった。

 

個人的には新しい異性との出会いがありそうで参加していたわけだが、何度かそういったイベントに行っているうちにあるLINEが届いた。

「今度Aさんが主催するセミナーがあるんだけどいかない?」

詳しく話を聞いてみると、そのセミナーはAさんが代表となっている団体のもので、豊かな人生・生活にするためのセミナーだとか。

しかもこれまでイベントに参加していた人の多くはすでにその団体に所属していたり、セミナーへもほとんどの人が参加するとのことだった。

ちなみに参加費は一人1万円。。。具体的にどんな内容なのかもよくわからない怪しいセミナーに1万円は高すぎる。

「○○さんや○○さんもくるよ!」と、筆者と比較的仲の良かった人物の名前を挙げられたが、これ以上関わっていると本当に取り込まれそうに感じたため丁重にお断り。その後連絡は取っていない。

ここからは筆者の予想ではあるが、おそらくこの団体はAさんの収入元で、セミナーなどで集めたお金を元に優雅な生活を送り、それを公開する事で更に信者&収入を増やすという仕組みだったのではないかと思っている。

 

業者的な行為は街コンで禁止されているもの

ということで今回は筆者が街コンで実際に遭遇した&報告を受けたことのある業者として、マルチの勧誘・宗教やセミナーへの勧誘・サクラという3つを紹介してみたがいかがだっただろうか。

当然ではあるが、基本的にこういった行為や業者は各街コンサイトでは規約として禁止事項に書かれているものだ。

例えば街コンの代表的なサイトである街コンジャパンでは、規約の一部に以下のように記載されている。

(3)と(6)に書かれているように、そもそもが規約で禁止されているものの為、もし街コンジャパンなどのサイトから参加したイベントでそういった事態に遭遇した場合は、できるだけ報告しておくようにしたい。

こういった通報により業者の行動を抑制することが、健全な街コンのイベント作りにつながって来るはずだ。

 

なお今回の記事を見て街コン自体に参加する気がなくなってきたという人もいるかも知れない。

そういった人はマッチングアプリなど使ってみるのもおすすめだ。

また予算が許せば結婚相談所も良いだろう。費用はかかるが入会審査が厳しいため、業者やサクラは完全に排除することが出来る。







-出会いコラム

error: Content is protected !!

Copyright© 出会いを探せ!焦るアラサーの婚活ブログ , 2020 All Rights Reserved.